本日のAmazonタイムセール商品はこちら!!→ 詳細

【チート級!?】APEXに課金して強くなる方法

当ページのリンクには広告を含む場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
目次

結論

いきなり結論ですが、APEXは課金をしてもキャラクターや武器のスキン等を購入できるだけで、強くなることは出来ません。

APEXは課金勢も非課金勢も同じ土俵でしか戦うことのできない非常にフェアでバランスのとれたゲームです。

じゃあ、やっぱり練習しか強くなる方法はないのか

一概にそうとも言えません。

レーシングに例えると、同じ力量のドライバーが軽自動車とフェラーリで競争するとどちらが有利でしょうか?

答えは明白ですよね。

パイロットの技量を上げるのも重要ですが、マシンやコックピットの性能も勝負をする上で非常に重要な要素になります。

つまり、APEXは周辺機器に課金することで段違いに強くなることが出来ます。

ネットワーク回線を見直す

まず、一番根本的な部分です。

車で例えるといくら良いマシンでも道路が整備されていなければ充分な性能を発揮出来ません。

ネットワーク回線は道路のようなもので、通信速度と通信の安定性の良いものを選ぶようにしましょう。

特に無線LANを使用する場合は電子レンジとの干渉などの障害が起きやすいので、場合によっては有線接続にするなどの工夫が必要です。

ただ、APEXは下りが50Mbps以上で快適にプレイできるとされているので、ネットワーク速度のハードルはそこまで高くはありません。

ゲーミングPCを選ぶ

PCの性能は車で例えるとエンジン部分になります。

結論としてマシンはCS(コンソール or コンシューマー)機ではなくゲーミングPCを選んだほうが良いです。

CS機とはPS5/XBox/Switchなどの一般家庭用ゲーム機のことですが、

CS機はゲーミングPCと比較すると安価な変わりに周辺機器やゲーム設定の制約が多く、グラフィック性能の上限も低いため、現状CS機でAPEXをプレイされている方はゆくゆくはPCに乗り換えたほうが良いでしょう。

ゲーミングPCを選ぶ基準は、低画質または中画質で144FPS、可能であれば240FPSを出せるものにしましょう。

FPSとはFrame Par Secondの略で、1秒あたりの画面の更新回数を表します。
この値が大きければ大きいほど動きが滑らかになります。(銃ゲームのジャンル名もFPSと呼称するので少しややこしいですね。。)

たとえばPS5やXBox SeriesX/S版のAPEXのフレームレートは本記事執筆時点で最大60FPSです。
(ニンテンドースイッチ版は30FPS)

また、今後高フレームレートに対応してもハードの制限で最大120FPSまでしか出せません。

ゲーミングPCにFPSの上限はありません。つまり、これだけでCS機勢と比較して動きを断然滑らかにすることができます。

ゲーミングPCを選ぶうえで、グラフィックボード(グラボ)の性能が特に重要になります。

APEXでどのグラボを選ぶべきかは「ぴょるろぐ。」様がわかり易く整理されています。

他のブログは高いものを購入させようとしてるのか、画質を4Kの高品位設定で144FPS出るようなグラボを紹介していますが、「ぴょるろぐ。」様の記事は現実的な低画質や中画質で144FPS出せるグラボを紹介されています。

結論を言うと、

・144Hz以上出す場合はGTX1080以上
・240Hz以上出す場合はRTX2070Super以上

のグラフィックボードを搭載したPCを購入しましょう。

GTX1080搭載PC(144FPS出す場合)

RTX2070Super搭載PC(240FPS出す場合)

液晶ディスプレイ

液晶ディスプレイは車で例えると窓やミラーになります。視界の良さは非常に重要ですよね。

上記で選んだグラボの性能を発揮できるディスプレイを用意しましょう。

上記で144FPSを選んだ場合は144Hz、240FPSを選んだ場合は240Hzのディスプレイです。

プロゲーマーの機材を確認すると、24インチまたは27インチ程度のディスプレイを用いる方が多いようです。

解像度についてはフルHD(1080p)で充分です。

24インチ144Hzのお勧めディスプレイ

24インチ240Hzのお勧めディスプレイ

27インチ144Hzのお勧めディスプレイ

27インチ240Hzのお勧めディスプレイ

キーボード・マウスやゲームパッドにもこだわる

キーマウやゲームパッドはハンドル、アクセル、ブレーキといった部品になります。

こちらをグレードアップすることでエイムやキャラコンが段違いによくなるのでこだわりましょう。

筆者のお気に入りは以下のGameSir G7 SEです。

ホールエフェクトセンサー搭載で感度をいくら上げても殆どドリフトしないコスパモンスターです。

また、是非以下の「超猫拳」様の動画も併せて観ていただきたいです。
ゲーミングデバイスを中心に紹介しているレビュワーですが、検証が細やかでリアクションもとても素直で信用できる方だと思います。

イヤホン・ヘッドセットやアンプも重要

イヤホン・ヘッドセット

イヤホン・ヘッドセットはセンサーの役割になります。

早急に足音から方向や距離を掴んで先制攻撃を仕掛けたり、逃げたりすることができるようになるからです。

正直、テレビのモニターでAPEXをやっている人は良くてもゴールドランク止まりでしょう。
イヤホン・ヘッドセットは必須アイテムです。

以下に定番のイヤホン・ヘッドセットを紹介します。

アンプ

イヤホン・ヘッドセットと同時にゲーミングアンプも重要です。

以下に定番の商品を掲載します。

マイク・オーディオIF

マスターランクまで上がるには友人や仲間とボイスチャットしながら連携をとらないとほぼ無理ゲーです。(それでもかなり難しい)

イヤホンに付属のマイク等は貧弱なため、良質なマイクを使いましょう。

定番のマイクやオーディオIFを紹介します。

まとめ

以上、APEXはゲームに課金してもスキンやセリフを購入できるだけで強くなることは出来ないため、デバイスにこだわった上で練習を積むことが大事です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次