本日のAmazonタイムセール商品はこちら!!→ 詳細

【割安ゲーミングPCにも価値はある!】解説|安いゲーミングPCは良くないってホント!?

当ページのリンクには広告を含む場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!

「エントリーモデルのゲーミングPCを買うくらいならPS5やXboxSeriesXを買ったほうがコスパが良いよ!」という言葉をよく耳にしないでしょうか?

ゲーム性能だけで言えば、その通りです。PS5やXboxなどのCS機は6万円程度で購入できますが、グラフィック性能や処理性能は15万円程度のゲーミングPCに相当します。

つまり、10万円程度のエントリーモデルのゲーミングPCはCS機の2倍近くも高価なのにゲーミング性能は劣るということになります。

これだけを聞くとエントリーモデルのゲーミングPCを購入すると損をするような気がしますが、実はそんなこともありません。

本記事ではエントリークラスのゲーミングPCのメリットとおすすめできる人を解説します。

目次

格安ゲーミングPCのメリット

ゲーミングPCはグラフィック性能の高いPC

画像引用元:Amazon.co.jp

ゲーミングPCを簡単に説明すると、余分な機能やソフトを削ぎ落としてグラフィック性能に特化したパソコンです。ようは、CS機がゲームに特化しているのに対して、ゲーミングPCはパソコンのため、汎用性が非常に高いです。

よって、ゲーム以外の仕事や作業でも高いパフォーマンスを発揮することができます。

高性能ゲーミングPCよりランニングコストが安い

ゲーミングPCのハイエンド機は性能が良い分、まるで暖房器具かのような電気代がかかるものが多くあり、ランニングコストが非常に高い場合が多いです。

対する割安ゲーミングPCは性能が抑えられている分省電力なため、ランニングコストに優れている場合が多いです。

必要に応じて増設や改造ができる

画像引用元:Amazon.co.jp

必要に応じてメモリやストレージの増設、CPUやグラボのアップグレードをすることができます。パーツの交換で性能の底上げができるのはCS機には無い大きな魅力です。最初に安価なものを購入しても、後からアップグレードすることができます。

割安ゲーミングPCはこんな人におすすめ

割安ゲーミングPCはこんな人におすすめすることができます。

割安ゲーミングPCはこんな人にオススメ!
  • 高度なグラフィック性能が要求されないゲームをプレイする人
  • グラフィックデザイナー、動画編集者、CADオペレーター
  • 増設や改造を楽しみたい人

高度なグラフィック性能が要求されないゲームをプレイする人

ゲームの中には高度なグラフィック性能が要求されないゲームも沢山あります。ゲームごとに要求スペックが公開されているので、自分が遊びたいゲームがどの程度のスペックが必要なのか確認するようにしましょう。

グラフィックデザイナー、動画編集者、CADオペレーター

グラフィック性能の高いPCを操作するメリットのある職業は沢山あります。グラフィックデザイナーや動画編集者、CADオペレーターなどが該当します。

どの職業もPCのグラフィック性能が高ければ高いほど有利ですが、職業で長く使用するため電気代とのバランスも踏まえるとエントリークラスのゲーミングPC程度のスペックが最適な場合が多いです。

増設や改造を楽しみたい人

ゲーミングPCの中身は普通のPCのため、メモリの増設、ストレージやメモリの増設、CPU交換、グラフィックボードのアップグレード等が可能です。

必要に応じてスペックを上げることができるので、増設や改造を楽しみたい人にもおすすめです。

ただし、アップグレードには電源のワット数がボトルネックになる場合が多いため、電源は最初から余裕があるものを選択することをオススメします。

まとめ

以上、今回は格安ゲーミングPCのメリットと、どんな人にオススメできるかについて解説しました。

CS機よりもゲーミング性能が低くても、PC特有の汎用性の高さで仕事や作業にも使用できるのが大きなメリットです。

無責任な噂やアドバイスに流されず、ご自身が何を求めているかを明確にしてから買い物をすることが大事だと筆者は考えています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次