Amazonオーディオ特設ページ→ 詳細

【Web面接の必須アイテム】紹介|コンデンサーマイクのすすめ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
  • URLをコピーしました!

コロナ禍によるテレワークの拡大によって、ここ数年でWeb会議をする機会が増えましたよね。Web会議用のヘッドセットなどを所有している方は沢山おられると思います。

社内のWeb会議であればヘッドセットで十分かもしれませんが、就職・転職活動でのWeb面談や大事な商談などの大事な会議はなるべくいい声を相手に伝えたいですよね。

そこで、相手にいい声を届けるにはどうすれば良いでしょうか?

結論からいうと、筆者はWeb会議にコンデンサーマイクを用いるべきと考えています。

本記事では筆者がWeb会議にコンデンサーマイクを用いるべきと考える理由を解説したいと思います。

目次

コンデンサーマイクをおすすめする理由

コンデンサーマイクの他に、ダイナミックマイクやヘッドセット、会議用スピーカーなどWeb会議には様々な音声入力方法がありますが、筆者がその中でもコンデンサーマイクをおすすめする理由をここで解説します。

とにかく音質が良い

ヘッドセット等と比較してコンデンサーマイクは非常に感度が高く繊細な音まで拾うことができます。声の強弱やニュアンスなどをきちんと表現してくれるため、きっちりと感情を込めて意思を伝えたい場合にも非常に有利です。シンプルに聞き取りやすい声を提供することは相手にとって好印象でしかないでしょう。

また、コンデンサーマイクはWeb会議やWeb面接以外でも歌や楽器演奏の収録やナレーションの吹込みにも使用することが出来るため、1台あればマルチな用途に使用することが出来ます。

マイクが目立たない(マイクと距離をとれる)

音質面でいうとダイナミックマイクも非常に良いのですが、ダイナミックマイクはマイクと口の距離をかなり近づける必要があります。カラオケのマイクを想像して頂くと解りやすいと思います。

ダイナミックマイクはカメラにマイクが映ってしまう

一方コンデンサーマイクの場合は、口とマイクの距離を10cm~30cm程度離すことができるため、マイクをカメラに映さずに会話することができます。機材を目立たせずに良い声を提供できるのがコンデンサーマイクの強みですね。

配信やゲーム、制作作業にも使える

先述しましたが、Web会議やWeb面談だけでなく、制作やナレーション、楽器演奏、歌の収録など1台あれば様々な用途に用いることができます。

動画制作や配信などをされている方にとってコンデンサーマイクは必須アイテムでしょう。

また制作作業で収入を得られるのであれば、コンデンサーマイクは投資としても非常に有益な機材です。

コンデンサーマイクの留意点

良いことの多いコンデンサーマイクですが、ここでは敢えてコンデンサーマイクを使用する上での留意点について解説します。

環境音を拾いやすい

コンデンサーマイクは感度が非常に高いため環境音を拾いやすいです。「THE FIRST TAKE」のように音響環境の整った空間では本領を発揮できるのですが、騒音の多い部屋で使用する場合はWeb会議ソフトやOBSでノイズ処理をするか、マイクと口の距離を気にしないのであればダイナミックマイクも検討してみましょう。

比較的湿度に弱い

コンデンサーは薄い振動板を用いるため比較的湿度に弱いと言われています。

可能であれば使用後は防湿庫などで保管することが望ましいでしょう。特に梅雨の時期は注意が必要ですね。

ただし湿気で壊れたといった話はあまり聞かないため、そこまで神経質になる必要は無いのかもしれません。

おすすめのコンデンサーマイク

ここでおすすめのコンデンサーマイクを紹介します。ここで紹介するのは全てUSB接続が可能なモデルのため、別途オーディオインターフェースを使用する必要がありません。

オーディオ・テクニカ AT2020USB-X

これは筆者の愛用しているコンデンサーマイクです。

名機「AT2020」の音質を引き継ぎ、より使いやすいようにミュートボタンやミュートのON・OFFが視認できるLEDライトを搭載しているため、うっかりミュートにし忘れるリスクを軽減することが出来ます。

性能の割に価格もリーズナブルなため、愛用している配信者も多いコンデンサーマイクです。

Logicool G Blue Yeti

画像引用元:Amazon.co.jp

LogicoolのゲーミングブランドLogicool Gの展開するBlue Yetiです。

あの2ちゃんねるの創始者で論破王の「ひろゆき」さんが配信で使用していることで有名なマイクですね。

PCだけでなくPS5にも対応しているため、ゲーム内でもボイスチャットでも使用することが出来ます。

SHURE MV5

画像引用元:Amazon.co.jp

イヤホンで有名なSHUREですが、本来はプロミュージシャンが使う機材を主に開発しているメーカーで、マイク技術が高いことでも有名です。音楽スタジオに必ずといっていい程置いている「SM58」が特に有名ですね。

MV5はそんなSHUREがポッドキャスト用に開発したコンデンサーマイクで、コンパクトながらゲーム実況や配信、Web会議と幅広く対応可能な1台です。リーズナブルな価格も有り難いですね。

また、iOS対応のため、iPadやiPhoneで配信やWeb会議をすることもできます。

まとめ

以上。本記事では筆者がWeb会議やWeb面談にコンデンサーマイクを用いるべきと考える理由について解説しました。

本記事が皆様の仕事機材選びの参考になりましたら幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ポタオデとコーヒーとちいかわとサウナと大喜利とゲーム実況とAPEXが好き。X(旧Twitter)もやってるので是非遊びにいらして下さい!!


X ID:@nabelog_blog

目次