本日のAmazonタイムセール商品はこちら!!→ 詳細

【PS5でやるゲームがない??】紹介|PS5買ったけどやりたいゲームが無い場合におすすめのゲーム7選

当ページの外部リンクには広告を含む場合があります。あらかじめご了承ください。
  • URLをコピーしました!

「PS5を買ったは良いけど、やりたいゲームが見つからない」

「とにかくPS5で楽しめるゲームを教えて欲しい」

「PS4でも遊べるゲームをPS5で遊ぶメリットはあるの?」

コロナ渦による引きこもり需要も落ち着いて、PS5が手に入りやすくなりましたね。ただ、とりあえずハードは買ったけどやりたいソフトがなくて困っているという人は多いのではないでしょうか?

そこで本記事ではPS5で毎日ゲームを楽しんでいる筆者が、PS5でおすすめのゲームを7つ紹介します。

目次

PS5でおすすめのゲーム

オープンワールド

ELDEN RING(エルデンリング)

難易度抜群!いい意味での「死にゲー」

画像引用元:Amazon.co.jp

広大なフィールドと綺麗なグラフィック。軽快なキャラの挙動が心地よく多彩な武器や先述、防具の重量などの要素がオープンワールドの自由度と相まって非常に完成度の高いゲームです。

そして何よりもの特徴が「難易度の高さ」

通常の雑魚敵相手にも余裕で負ける。ボス相手には何十回も負けるのが当たり前。。

そして負ける度に敵の行動パターンや弱点を理解していき、いざ勝った時の喜びはこの高難度のゲームでしか味わえません。

必ず勝ちパターンは存在し、難易度は高いけど決して「クソゲー」ではない所も本作の魅力ですね。

ホロライブ所属でゲームがかなり上手い湊あくあさんでも1体のボスに12時間かけてやっと勝つくらいの難易度の高さです。もう、この1作だけでもかなりの時間を潰すことができます。

ELDEN RINGはPS4でもプレイ可能なゲームですが、グラフィック性能がPS4の場合はフルHDで30FPSに限定されています。

これがPS5版では4Kの60FPSに対応しています。ELDEN RINGの軽快なアクションと綺麗なグラフィックを味わいたい場合はPS5版で遊ぶことをおすすめします。

Ghost Of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)

画像引用元:Amazon.co.jp

「Ghost of Tsushima」は実際に起きた出来事をテーマにしたフィクション時代劇で、時は鎌倉時代、文永の蒙古(モンゴル)襲来をテーマにした作品です。

プレイヤーは主人公の「境井 仁」を操作してオープンワールドで作られた対馬全土を舞台に蒙古と戦っていきます。

刀でのチャンバラアクションを主としながら、背後からの奇襲や弓での暗殺など、多彩な戦術が可能な自由度の高いゲームで、グラフィックやストーリーも素晴らしく、まるで時代劇を観ているかのような没入感は、和風な世界観が好きな人には堪らない作品となっています。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

RPG

FINAL FANTASY XVI(ファイナルファンタジー16)

圧巻の召喚獣バトルと壮大なBGM

画像引用元:Amazon.co.jp

スクウェア・エニックスの大人気タイトル「ファイナルファンタジー」シリーズの16作目でPS5限定タイトルです。

オープニング早々から始まる「イフリート」と「フェニックス」の召喚獣バトルではPS5のグラフィック性能を最大に活かした大迫力の映像と壮大なBGMで一気にFFの世界に引き込まれていきます。

いつもは初期の召喚獣で最後の方にはあまり使われないことの多いイフリートの出世が凄い作品ですね^^;

「エネルギー戦争」や「人種問題」をテーマにしたダークでシリアスな世界観が特徴で「少し大人なFF」といった印象でした。

自由度ややりこみ要素のボリュームといった点で賛否両論あるようですが、筆者としては十分に楽しめるゲームでした。

FINAL FANTASY Ⅶ REMAKE INTERGRADE(ファイナルファンタジー7 インターグレード)

追加コンテンツでユフィのストーリーも楽しめるPS5専用のFF7R

画像引用元:Amazon.co.jp

超名作「FINAL FANTASY 7」のリメイク1作目に、女忍者キャラの「ユフィ」のストーリーを追加したPS5限定タイトルです。(Steamにも追加されたため現在はPCでも遊ぶことができます)

ユフィは原作では隠しキャラのため原作のエンディングムービーには容量の都合上登場しないといった不遇の扱いを受けていたのですが、ここまでストーリーを掘り下げるのはさすがリメイクですね。

リメイク1作目の通常ストーリーも遊べるため非常にボリュームも多く、長く楽しめる作品です。

BGMが原作ファンからしても納得のいく非常にクオリティの高いアレンジに仕上がっているのも良いですね。

FINAL FANTASYⅦ REBIRTH(ファイナルファンタジー7 リバース)

FF7原作ファンも大絶賛の新しいFF7

画像引用元:Amazon.co.jp

待望のFF7リメイク2作目。ストーリーは原作でも終盤にあたる「忘らるる都」までが描かれています。1作目よりもオープンワールド要素が多く、かなり自由度の高いゲームに仕上がっています。

トロコンを目指すには最低でも150時間以上必要と言われる程のボリュームのある作品になっており、かなりやりごたえのあるゲームです。

原作と異なる点も多くありますが、それでも原作ファンからも絶大な評価を受けているあたりこのゲームの完成度の高さが伺えます。

そして「忘らるる都」といえば、原作ファンにとっては印象深いシーンが思い浮かびますよね。果たして結末はどうなるのか。。

実際にプレイして体験してみてください。

FPS

APEX Legends

完全無料の大人気バトルロワイヤルゲームFPS

画像引用元:Amazon.co.jp

大人気バトルロワイヤルFPSゲームの「Apex Legends」

キャラクター固有アビリティや多彩な武器と爽快なアクションが心地良く非常に楽しいゲームです。

課金しない限り完全無料で遊べるのも良いですねマルチプレイを遊ぶのに「PS Plus」への加入も必要ありません。文字通り「完全無料」です。

APEXといえばSBI eスポーツ所属の「CHEEKY」さんがめちゃくちゃ上手いですね。

「橘ひなの」さん「ぴのた」さんと参加した【SCARZ CUP】では大会の4試合全てでチャンピオンを獲得するという快挙を成し遂げています。

もちろん「橘ひなの」さん「ぴのた」さんもかなり上手いプレイヤーですが、プロも多く参加している大会で4連続チャンピオンはとてつもない強さです。

APEX Legends 公式HP

レーシング

GRAN TURISMO7(グランツーリスモ7)

もうゲーセン不要!?もはや現実と区別のつかないリアルレーシングゲーム

画像引用元:Amazon.co.jp

プレイステーション独占タイトルの「グランツーリスモ7」

グランツーリスモがやりたくてPSを購入する人も少なくはないと思います。

画像引用元:Amazon.co.jp

マシンやマップのリアルさが半端なく、PS5正直リアルさはゲームセンターのアーケードマシンを超えていると思います。舗装までもリアルなのは本当に作り込みの丁寧さを感じますね。

画像引用元:Amazon.co.jp

ゲームセンターでの騒音もなく、自宅の静かな環境でヘッドホン等を着けてプレイに没頭し、疲れたらそのまま寝れる。控えめに言って最高ですよね^^;

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

まとめ

以上。今回はPS5でおすすめのゲームを7つ紹介しました。

今後はどんどんPS5限定のタイトルが充実してくることが予想されるため、お目当てのゲームが発売されるまでの繋ぎとしても満足のいくゲームばかりかと思います。

本記事の内容が皆様のゲーム選びのご参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ポタオデとコーヒーとちいかわとサウナと大喜利とゲーム実況とAPEXが好き。X(旧Twitter)もやってるので是非遊びにいらして下さい!!


X ID:@nabelog_blog

目次