本日のAmazonタイムセール商品はこちら!!→ 詳細

【Logicool G G502 LIGHTSPEED】レビュー|多機能で高性能なハイパフォーマンスゲーミングマウス

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
  • URLをコピーしました!

筆者はプライベートでAPEX LegendsなどのFPSゲームを嗜んでいます。また職業柄CADをよく使うため、カーソルの動きが緻密でかつ軽量なゲーミングマウスを好んで使用しています。

この度Logicool Gのワイヤレスゲーミングマウス「G502 LIGHTSPEED」を購入したため、本記事でレビューしたいと思います。

目次

スペック・仕様

スペック・仕様の概要は以下の通りです。114gと、ゲーミングマウスにしては少し重めですね。

ブランド‎Logicool G(ロジクール G)
メーカー‎Logicool(ロジクール)
シリーズ‎G502 LIGHTSPEED
製品サイズ‎13.2 x 7.5 x 4 cm; 114 g
電池‎1 リチウムイオン 電池(付属)
商品モデル番号‎G502WL
カラー‎ブラック
商品の寸法 幅 × 高さ‎13.2 x 7.5 x 4 cm
電源‎バッテリー式
ハードウェアプラットフォーム‎PC, Mac
OS‎Mac OS X 10.11 El Capitan, Chrome OS, Windows 7
バッテリー寿命‎60 Hours
同梱バッテリー‎はい
リチウム電池‎0.9 ワット時
リチウム電池パック‎電池内蔵
リチウム電池重量‎5.5 グラム
リチウムイオン電池数‎1
リチウム金属電池数‎1
商品の重量‎114 g
詳細 Amazon
抜粋:Amazon.co.jp

良い点・気になる点

良い点

・カスタマイズ可能な11個のボタン
・最大25,600DPIに対応
・細かな重量調整が可能
・DPIシフトが可能
・POWERPLAYに対応

カスタマイズ可能な11個のボタン

キーバインドやマクロを登録できるボタンが11個搭載されているため、あらゆるコマンドを右手で実行することができます。

APEXであれば格闘やグレネード、回復などを割り当てておけば左手はキャラコンに集中することができるのでとても便利です。

最大25,600DPIに対応

画像引用元:Amazon.co.jp

DPI(Dot Par Inch)とはマウスを1インチ(2.54cm)動かせば画面内のカーソルが何ドット移動するかの性能指標です。この値が高ければ高いほど、マウスが1インチ移動する毎の通信情報量が多くなります。

本マウスは「HERO 25Kセンサー」とう高精度センサーが搭載されているため、設定で100DPI~25,600DPIまで設定することができます。25,600DPIに設定すれば1インチあたり25,600ドット分の情報を送ることができます。(ちなみに一般的なマウスは800DPI程度の物が多いです)

よって、マウス側の感度を高く設定した上でゲーム内感度を低く設定すれば非常に滑らかなカーソル操作が可能になります。また、Windowsのマウス設定でマウスの速度を低く設定した上でマウス本体のDPIを高くすることで、ゲーム以外でも非常に緻密なカーソルコントロールが可能になります。

筆者は職業柄CADをよく使用するのでこの特性は非常に助かります。

細かな重量調整が可能

調整可能なウエイトが6つ(4g×2、2g×4)同梱されており、これをマウス内部に様々な構成で配置可能なため、全重量と重量のバランスを細かくコントロールすることができます。

カスタマイズ性が非常に高いのは嬉しいですよね。ただ、マウス本体の重量が既に重いため、ウエイトを着けずに使用している人が多いようです。

DPIシフトが可能

デフォルトでは写真赤枠ボタンにDPIシフトが割り当てられています。このキーを押し込んでいる間はDPIが400DPI(アプリで変更可能)という低感度になるため、スナイパーライフルやマークスマン武器で照準を合わせる際にDPIシフトを使用すればかなり高精度なエイムコントロールが可能になります。

急に敵が動いた場合はシフトを解除して高感度に変更するなど、シームレスに感度の切替えができのは非常に便利ですね。

POWERPLAYに対応

POWERPLAYに対応しているため、別途POWERPLAYのワイヤレス充電マウスパッドを用意すれば充電の手間を省くことができます。

筆者の感想ですが、Logicool Gの無線マウスを使用する場合はPOWERPLAYを使用しない理由がありません。少し高価ではありますが、充電のストレスから開放されるメリットは大きいです。

マウスにPOWERCOREモジュールを取りつければワイヤレス充電が可能になります。

気になる点

・決して軽くはない
・クリッキーで操作音が大きい
・トッププロの愛用者は少ない

決して軽くはない

本体重量が114gと、ゲーミングマウスとしては重い分類になります。Amazonのレビューなどを見ても重さについて言及されていることがあるため、超軽量なマウスを求めている場合は注意が必要です。

ただし、ゲーミングマウスという括りでは重い分類に入るというだけで、めちゃくちゃ重いというわけではありません。

クリッキーで音は大きい

各種ボタンはメカニカルスイッチが採用されており全体的にクリッキーでカチカチという音が発生します。またマウスホイールもカリカリという音が発生します。

触感としては非常に心地良いのですが、職場などで使用する場合は周囲にうるさいと思われる可能性があるため、留意が必要です。

トッププロの愛用者は少ない

筆者が調べた限りですが、APEXやVALORANTのトッププロでG502を使用している人はあまり多くはないです。(いない訳ではありません)

トッププロレベルの技術力が高いレベルで拮抗している場合はやはり本体の軽さが重要なようで、G PRO X SUPER LIGHTの使用者が圧倒的に多いです。

ワイヤレスで60gはさすがに驚きの軽さですね(G502の半分程度)

まとめ

以上。本記事ではLogicool Gのゲーミングマウス「G502 LIGHTSPEED」をレビューしました。

重量と操作音が許容できる方であれば、ゲームでも作業でも活躍できる非常に高機能で高性能な1台です。

G502はベストセラーのマウスのため、Amazon等でレビューを沢山見ることが出来ます。もし気になった方は、是非詳細をチェックしてみて下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ポタオデとコーヒーとちいかわとサウナと大喜利とゲーム実況とAPEXが好き。X(旧Twitter)もやってるので是非遊びにいらして下さい!!


X ID:@nabelog_blog

目次