本日のAmazonタイムセール商品はこちら!!→ 詳細

【SENNHEISER(ゼンハイザー)IE200 vs IE600】徹底比較|女性ボーカルで耳がとろける2機種の徹底比較

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
  • URLをコピーしました!

「IE200」と「IE600」はドイツ発祥の老舗オーディオブランド「ゼンハイザー」が販売するイヤホンです。

ゼンハイザーのイヤホンが欲しいけど、IE200を買おうかそれとも奮発してIE600を買おうかと迷っている人は多いのではないでしょうか?

筆者は今回は両方を長期間使用していて両方の特性を理解しているため、本記事で紹介させて頂きます。

ゼンハイザー IE200
ゼンハイザー IE600
目次

スペック・仕様の比較

スペック、仕様について簡単に比較した表を以下に整理しました。

項目IE200IE600
周波数特性6Hz ~ 20,000Hz4Hz ~ 46,500 Hz
ドライバ構成1DD1DD
インピーダンス18Ω18Ω
本体重量4g6g
音圧感度119 dB(1 kHz , 1 Vrms)118 dB(1 kHz , 1 Vrms)
詳細 Amazon Amazon

比較

音質の比較

両機種の音質の比較を比較しました。定量的な測定値ではなく筆者の主観であることはご了承ください。

さすがに10万円と2万円のイヤホンでは音質に大きな差があります。比較してしまうとこうなりました。

唯一IE200に分があるのは「音ヌケ」です。IE600も音ヌケは良いのですが、IE200は他のイヤホンと比較しても群を抜いて音の抜けが良いです。ただ、人によっては「音が軽い」と感じるかもしれません。

iFi audio GryphonとIE600

IE600は低域もしっかり鳴る上に高域がかなり綺麗で、ホントに1DD!?と思うくらいキラキラした高域を奏でてくれます。

比べてしまうとこうなりますが、IE200が決して悪いイヤホンという訳ではありません。やはり価格の差は大きいです。

装着感の比較

装着感はIE200が良いです。IE600はアモルファスジルコニウムという合金が使用されているため少し重く、肌触りも少しザラザラしています。対するIE200は軽くて質感もサラっとしているため、長時間装着してもストレスを感じにくいです。

ケーブルの比較

ケーブルは3.5mmのアンバランスと4.4mmのバランスケーブルが同梱されているIE600、、と言いたいところですが、純正ケーブルはタッチノイズが多くあまりおすすめできません。

IE200に付属のブレードケーブルは摩擦係数が低く、服に擦れてもスルスルと滑るためタッチノイズが発生しにくいです。また、柔らかい上にクセもつきにくいため非常に取り回しの良いケーブルです。

IE200のブレードケーブル

ちなみに、IE600はBrise AudioさんのIE600専用にチューニングされたケーブルでもう一段階化けます。

過去に記事を書いているで、よかったら併せてご確認ください。

まとめ

以上、IE200とIE600について比較しました。

筆者の意見ですが、もし良い音にこだわりのある人なら「IE600」のほうがオススメです。

やはり価格が5倍違うだけあって、少し次元の違うサウンドを楽しむことができます。SNSで着弾報告したときの反応も断然良いでしょう。

逆に見た目が好きだったり、音に強いこだわりは無いけどなるべく良い音で聴きたいという人にはIE200がオススメです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ポタオデとコーヒーとちいかわとサウナと大喜利とゲーム実況とAPEXが好き。X(旧Twitter)もやってるので是非遊びにいらして下さい!!


X ID:@nabelog_blog

目次