本日のAmazonタイムセール商品はこちら!!→ 詳細

【APEX:ついにCS機で120FPS対応】解説|シーズン20に備えて用意すべき機材(PS5|Xbox Series X/S に対応)

当ページのリンクには広告を含む場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!

APEXのシーズン20が始まりましたね。

今まで改悪の繰り返しだったランクシステムが改善され、

  • 参加の必要レベルが50→20に戻る
  • スプリット制が復活
  • 順位よりもキルポイント重視のポイント計算に戻る
  • MMR(内部レート)制を廃止
  • 昇格試練を廃止
  • 振り分けマッチを廃止(全員RP1からスタート)
  • ボーナスでもらえるポイントが明確になる
  • 報酬は最高到達ランクを基準にもらえる

のように、好評だったシーズン13の仕様に近くなります。

また、ずっと対応する対応すると言いながら対応が進んでいなかった「PS5とXbox Series X/Sでフレームレートが120FPSに対応します!」

本記事ではPS5やXbox Series X/Sユーザーがシーズン20に備えて用意すべき物を紹介します。また、PS4ユーザーはこれを機にPS5やXbox Series Xへの乗り換えを検討しましょう。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
目次

結論:FHD解像度で144Hz以上のモニターを用意しよう

現在一般的に普及している液晶モニターはFHDの解像度で60Hzのものが多いため、もしお持ちの液晶モニターが60Hzの場合はFHDの解像度で144Hz以上の物を用意しましょう。

ゲーム機が120FPSに対応していても、モニターが対応していなければ120FPSの恩恵を受けることができません。

参考に、以下のBenQのZOWIEは評判が良く、プロで使用している人も多いので間違いがありません。

なお、240Hzや300Hzを超えるようなモニターもありますが、PS5とXbox SeriesX/Sのハードの最大値が120FPSのため、240Hzや300HzのモニターはゲーミングPC勢でもない限り用意する必要はありません。144Hzで十分です。

120FPSになると何が変わるの?

FPSとは、「Frame Par Second」の略で、毎秒何回描画が切り替わるかを示します。ようはパラパラ漫画の1秒あたりの枚数で、FPSが高ければ高いほど画面の動きが滑らかになります。

これまではどの機種でもFPSの上限が60FPSまでだったため、PS4と次世代機のPS5やXbox Series X/Sで明確な差がありませんでした。

画像引用元:Amazon.co.jp

これがシーズン20からPS5やXbox Series X/Sの画面が現行の2倍ヌルヌルになります。

正直120FPSはゲーミングPCでも15万円以上の構成でやっと出るようなフレッシュレートのため、PS5やXboxの価格でこの性能が出せるのは本当にとんでも無いコスパの高さです。

まとめ

APEXがCS機で120FPSに対応するのはとても嬉しいですね。現状PS4でAPEXをプレイしているユーザーはシーズン20から次世代機との性能差が明確に出るため、戦闘が不利になってしまいます。よってPS5やXbox Series Xへの乗り換えの検討をおすすめします。また、液晶モニターもフルHDで144Hz以上のスペックの物を用意するようにしましょう。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次