本日のAmazonタイムセール商品はこちら!!→ 詳細

【SE215SPEとSE215の違い】解説|SHURE SE215は2種類あるって知ってた?

当ページのリンクには広告を含む場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!

SHURE SE215はAPEX Legendsなどのプロゲーマーにも愛用者が多く、オーディオ以外でも知名度の高いイヤホンです。

このSE215はスペシャルエディション(以降「SPE」と表記)と、スタンダードエディション(以降「無印版」と表記)の2種類があることはご存知でしょうか?

また、今ご購入をご検討されている方は2種類あることに迷った人も多いかもしれません。

私は2種類とも所有しているため、両機種の違いとそれぞれのオススメユーザーを本記事で紹介したいと思います。

目次

両機種の違いについて

目的の違い

無印版は制作者向け

無印版は音楽制作向きに設計された、いわゆる「モニターイヤホン」です。音の味付けを極力無くしたフラットなサウンドが特徴で、原音に忠実な音を聴きながら音楽制作をすることができます。

音楽制作の他にも動画制作などでも力を発揮できるように設計されています。

ようするに、プロ向けのイヤホンですね。

画像引用元:Amazon.co.jp

SPEはコンシューマー向け

対するSPEはコンシューマー(一般消費者)向けに設計されています。

音質については無印版のフラットさをベースとしつつ、若干低域を持ち上げたチューニングがなされており、より音楽を楽しめるような設計がされています。

画像引用元:Amazon.co.jp

カラーバリエーションの違い

無印版は制作者向けの落ち着いたカラバリ

無印版のカラーバリエーションは現在は「ブラック」と「クリア」の2種類が展開されています。プロが卓上で利用することを想定しているため、カラーバリエーションも飾りっ気の無い落ち着いた色が採用されています。

無印版のカラーバリエーション 画像引用元:楽天市場SHURE公式ストア

SPEはコンシューマー向けの彩りあるカラバリ

対するSPEは彩りのあるカラーバリエーションが特徴です。元々は「ブルー」だけだったのですが、「パープル」と「グリーン」が追加されました。

SPEのカラーバリエーション 画像引用元:楽天市場SHURE公式ストア

追加された2色について、2022年の3月20日にSHURE公式のX(旧:Twitter)でShure Japan(@ShureJapan)さんが新カラーを投票で決定するというイベントを告知し一番投票の多い「パープル」で決まったのですが、その後期間限定で「グリーン」も新色に追加されました。

SHURE JAPAN公式Xより:ShureイヤホンSE215カラー投票(投票は現在終了済み)

もしかしたら今後「オレンジ」「ピンク」「レッド」のカラーバリエーションも追加されるかもしれないので楽しみですね。

ケーブル長の違い

無印版は160cm

無印版はケーブル長が160cmと少し長めです。無印版は卓上での制作利用を想定しているため、ケーブルが長めに設計されています。

SPEは116cm

SPEはケーブル長が116cmと一般的なイヤホンのケーブル長です。スマホやウォークマンに接続してポケットに入れればちょうどいい長さのため、卓上よりも外出時での利用を想定して設計されています。

結局どっちがおすすめ!?

無印版をおすすめ出来る人

制作で使用する人

音に味付けのないフラットなプロ用のイヤホンのため、音楽を楽しむというよりも業務利用を目的としている人には無印版がおすすめです。

ケーブル長も卓上利用でも余裕があるように長めに設計されているため、ケーブル長が足りずに悩むことも少ないです。

モニターの音が好きな人

オーディオ通で耳が肥えている人は、逆に飾りっ気の無いモニターの音を好む人も多いようです。

「イヤホンそのもので音を飾らないでほしい」という方や「音楽を分析的に聴いて楽しみたい」といった人にもおすすめすることができます。

スペシャルエディションをおすすめ出来る人

ファッション性も重要な人

SPEはカラーバリエーションが鮮やかで、非常に見た目が映えるためファッションとしても機能します。

ケーブル長も歩きながら聴くのにちょうど良く設計されているため、「ケーブルが長すぎて邪魔」といったことも起こりにくいです。

「本格的な制作には使用しないし音質に強いこだわりも無いけど、カジュアルに音楽が聴けて見た目も良いイヤホンが欲しい」という人にかなりおすすめできます。

画像引用元:Amazon.co.jp

音楽を楽しみたい人

無印版と比較して音楽を楽しめるようにチューニングされているため、シンプルに音楽や映画を楽しみたいという人におすすめできます。

しかもこのチューニングの仕方が絶妙で、モニターのフラットな要素を残しつつも心地よく音楽を聴けるように設計されているため、是非一度無印版と聴き比べて頂きたいです。

ゲームで使用する人

正直ゲーミングの性能は無印版もSPEも大差は無いと感じますが、FPSのプロはSPEを使用している人のほうが多いようです。

「憧れのプロと同じイヤホンを使ってプレイしたい!」という方におすすめできます。

画像引用元:Amazon.co.jp

まとめ

以上、SHURE SE215の2種類のバリエーションについて解説させて頂きました。

音質等に違いはありますが正直大きな違いではないので最終的には好みでも大丈夫だと思います。
(実際、制作やライブ用途でSPEのほうを愛用しているプロミュージシャンも大勢おられます)

購入をご検討されている方にとって本記事がご参考になれば幸いです。

SPE(Special Edition)はこちら↓

無印版(Standard Edition)はこちら↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次