本日のAmazonタイムセール商品はこちら!!→ 詳細

【カスタムイヤーピースeA-R】紹介|自分のイヤホンを手軽にカスタムIEM化できる!!

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
  • URLをコピーしました!

市販のイヤーピースがどれもフィットしなくて困っている

カスタムIEMが気になるけど高価なので躊躇している

所有しているイヤホンの音は気に入ってるからこのままのカスタムIEMが欲しい!

お気に入りのイヤホンをさらにグレードアップしたい!

カスタムIEMは気になるけど、価格の高さや敷居の高さから躊躇している人は多いですよね。

そのような人におすすめの選択肢があります。その名も「カスタムイヤーピース」

その名の通り、イヤーピースを自分用にカスタムするサービスで、e☆イヤホンさんの提供している「eA-R(エアラ)」が有名です。

画像引用元:e☆イヤホン公式HP

本記事では、実際にeA-Rを購入し長期間使用している筆者がカスタムイヤーピースについて紹介したいと思います。併せてeA-Rを注文する際の注意点やメリット・デメリットを紹介します。

是非、最期まで読んで頂けると幸いです。

e☆イヤホン「eA-R」
目次

eA-Rとは

eA-Rとはイヤホン・ヘッドホン専門店の「e☆イヤホン」さんが展開する企画・開発・製造を手掛けるブランド「e☆イヤホン・ラボ」の第一弾商品として生まれたイヤーピースのオーダーメイドサービスです。

筆者のSHURE SE846用e-AR

フルオーダーでカスタムIEMを作るのはハードルが高いという人や愛機のポテンシャルを引き出したいという人に大好評のサービスです。

e☆イヤホン「eA-R」

eA-Rの良い点・気になる点

良い点

eA-Rの良い点
  • 圧倒的な遮音性とフィット感
  • 好きなイヤホンをカスタムできる
  • 音のさらに細部まで聴こえる
  • カスタムIEMと比較するとかなり安価
  • ノズルサイズが同じなら付け替え可能

圧倒的な遮音性とフィット感

まず、これ以上にない遮音性とフィット感に驚かれるはずです。特に遮音性に関しては1ランクも2ランクも上の遮音性で、まるで深海にいるような錯覚に陥る程周りが静かになります。

好きなイヤホンをカスタムできる

カスタムIEMの場合は1からイヤホンを制作するため、自分好みの音かは作ってみないとわかりませんが、カスタムイヤーピースの場合は自分の好きなイヤホンに取り付けることができるため「音質が好みでなかった」などというリスクが少ないです。

画像引用元:e☆イヤホン公式HP

これがカスタムイヤーピース一番のメリットかもしれません。

音のさらに細部まで聴こえる

耳の奥までフィットするため、音のさらに細部まで聴こえる様になります。自分の好みのイヤホンの音をさらにワンランクアップさせる手段としても使うことができます。

カスタムIEMと比較するとかなり安価

本体の制作費は最安で17,600円~で、耳型採取費を合わせても2万円そこそこで制作できるため、何十万円もするカスタムIEMと比較すると非常に安価に自分の愛機をカスタムIEM化することができます。

ノズルサイズが同じなら付け替え可能

ノズルサイズが同じイヤホンであれば付け替えが可能です。例えばSE846用に制作したeA-RをSE215に取り付けることも可能です

画像引用元:e☆イヤホン公式HP

同じブランドのイヤホンを多数持っている人からするとイヤーピースの交換間隔でカスタムIEM化することができるので非常に良いですね。

気になる点

eA-Rの気になる点
  • 作るのに少し手間と時間がかかる
  • 遮音性が強すぎて危険
  • イヤホン本体は耳から飛び出る
  • ワイヤレスアダプターはケースに収まらないかも

作るのに少し手間と時間がかかる

制作には1~2ヶ月かかり、また別途耳型の採取もしないといけないため、作るのに少し時間と手間がかかるのは覚悟しておかなければなりません。

遮音性が強すぎて危険

カスタムIEMやカスタムイヤーピースを装着したことが無い人からすると未経験な程遮音性が高いです。

これは交通量の多い道路でも殆ど音が聞こえなくなるレベルの遮音性のため、外出時に装着するのは非常に危険です。特に自転車などに乗りながら装着するのは危険ですので絶対に控えましょう。

イヤホン本体は耳から飛び出る

イヤーピースがカスタムIEMの筐体のような役割を果たすため、従来の筐体は耳に触れずに浮いたような形になります。元々のイヤホンより耳から若干飛び出るようになるため、見た目の収まり自体は悪くなります。

ワイヤレスアダプターはケースに収まらないかも

市販のイヤーピースと比較するとかなりサイズが大きいため、ワイヤレスアダプター等はケースに収まらないおそれがあります。

以下の写真はFiiOの完全ワイヤレスアダプター「UTWS3」に装着している様子ですが、このままではケースに収まらないため、充電する際にアダプターからイヤホンを外す必要があります。

FiiO UTWS3に装着した様子。このままではケースに収まらない

こんな人にオススメ!!

eA-Rはこんな人にオススメすることができます。

e-ARをおすすめできる人
  • お気に入りのイヤホンをカスタムIEM化したい人
  • カスタムIEMの雰囲気を手軽に味わいたい人
  • 市販のイヤーピースがどれもフィットしない人

お気に入りのイヤホンをカスタムIEM化したい人

手持ちのイヤホンが気に入っているけど、さらに遮音性やフィット感を上げたい人におすすめできます。既に音が気に入っているのなら無理に別のカスタムIEMを購入する事はある意味リスクでもありますよね。

カスタムIEMの雰囲気を手軽に味わいたい人

カスタムIEMのフィット感や音質がどんなものか気になる人におすすめできます。

画像引用元:e☆イヤホン公式HP

耳型制作費を合わせても2万円と少しで依頼することが出来るため、カスタムIEMを購入するのと比較すると非常にリーズナブルな価格で手持ちのイヤホンをカスタムIEM化することができます。

市販のイヤーピースがどれもフィットしない人

耳の形状は千差万別のため、ユニバーサルデザインのイヤーピースが合わない人も多くいます。

カスタムイヤーピースは最初に耳型を取得し、耳の形状に合ったイヤーピースを作成するためフィット感はどのイヤーピースよりも良いです。

画像引用元:e☆イヤホン公式HP

また、耳型取得時の耳の状態などで万一完成後にフィットしなかった場合、期間内であればリフィット(再加工)することもできます。

まとめ

以上、カスタムイヤーピース「eA-R」について紹介しました。

カスタムIEMの敷居が高かったり、今のお気に入りのイヤホンをカスタムIEM化したい人にはとてもおすすめできるサービスですので、よろしければ是非詳細をチェックしてみてください。

e☆イヤホン「eA-R」
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ポタオデとコーヒーとちいかわとサウナと大喜利とゲーム実況とAPEXが好き。X(旧Twitter)もやってるので是非遊びにいらして下さい!!


X ID:@nabelog_blog

目次