本日のAmazonタイムセール商品はこちら!!→ 詳細

【おうちDEサウナ】レビュー|90℃の熱波で『ととのう』自宅で使えるサウナテント

当ページのリンクには広告を含む場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!

世の中は空前絶後のサウナブームですよね。

進撃の巨人の作者である諫山創先生、YouTuberのヒカキンやはじめしゃちょーなどいわゆる成功者と呼ばれている人たちは、得てしてサウナ好きが多いのです。

筆者もサウナが大好き(成功はしていない。。)なのですが、サウナ好きの方は「自宅でもサウナができないかな?」と思ったことがないでしょうか?

実は筆者はサウナが好きすぎてvillagezakkaさんの『おうちDE サウナ』を本記事執筆の半年程前に購入しました。

非常に本格的で、とても買ってよかったと思える品物でしたので、今回レビューしていきたいと思います。

目次

スペック・仕様

スペック・仕様は誤植防止のため、以下のリンクよりご確認をお願いします。

良い点・気になる点

良い点

90℃以上の高温が可能

予熱を30分程したら温度が90℃以上に上がります。もう本格的な施設のサウナと同等ですよね。

しっかり体を芯から温めたあと冷水に入り、外気浴をすると体中がフワーっとなり、いわゆる「ととのう」状態になります。

家でもこの状態にもっているけるのは本当に感動しました。

本格的なロウリュウも出来る

ストーブにサウナストーンが付属しているため、本格的なロウリュウをすることができます。

水蒸気で体感温度が上がって汗が吹き出すのが本当に気持ちいいです。

自宅で本格的なロウリュウが出来るのは本当に良いですよね。

好きなアロマが愉しめる

ロウリュウのバケツに自分の好きなアロマを入れて香りを楽しむことができます。

施設のサウナだと日替わりなどで自分の好きなものを使うことができませんが、これは本当に良いですよ。

ちなみに、筆者はハッカ油を入れるのが好きです。

窓があるので好きな動画なども観れる

テントに窓がついているので、好きな動画を見ながら汗をかくことが出来ます。

ちょうど10分から15分くらいの動画を観ながらサウナに入り、終わったら水風呂に飛び込むといった流れが最近の筆者のルーチンです。

実はコスパが超高い

サウナ好きの方は月に何回サウナに通うでしょうか?

月に1回ということは無いとおもいます。むしろ週に2回以上通う人のほうが多いのではないでしょうか。

週にサウナに2千円使っている人は、35週間(約9ヶ月弱)で元をとることができます。

9ヶ月目以降はタダ同然ということになるので、利用頻度によってはめちゃくちゃコスパが高いのです。

気になる点

椅子がついてない

なんと付属品に椅子がついていません。椅子は必須なのに。。と思いました。

金属部品のある椅子は高温になって危ないので、筆者は以下の木製の椅子を使用しています。

半年間毎日使用していますが、変形などもすることがなくかなりしっかり造られています。

ロウリュウセットもついてない

サウナストーンやストーブがあるのに、ロウリュウセットがついていません。。

しかも本格的なロウリュウセットってかなり高価ですよね。筆者も調べて驚きました。

なんだか足元を見られているようで腹がたつので、以下の木製おたまと防火バケツを購入して使っています。

はっきりいってこれで十分で、かなり本格的なロウリュウが楽しめます。

夏場は水温がイマイチ

おうちDEサウナが悪いわけではないのですが、水風呂の温度ってかなり重要ですよね。ぬるい水だと中々ととのえません。できれば10℃台前半くらいの温度であって欲しい。

どうしても夏場になると水風呂がイマイチに感じてしまい、施設のサウナに行きたくなったりします。

ですので、筆者は自宅の冷凍庫に以下の保冷剤を20個程入れています。

サウナに入る直前にお風呂に入れておくと、10~15分してからお風呂に飛び込んだ時にかなり冷えているのでオススメですよ。

ブレーカーに注意

稼働中は電力を1200W近く消費します。

常時使用しているものではないので、電気代は大したことないのですが、おうちDEサウナを使用中にドライヤーや電子レンジを使うと、ほぼ100%ブレーカーが落ちます。

使用する前に、「今からドライヤーや電子レンジは使わないでね」と家族に一声かけておくことが大事です。

まとめ

サウナ好きで毎日でもサウナがしたい!
サウナ施設に通うのが面倒でなんとか自宅で済ませたい!
1人きりの時間でサウナを愉しみたい!

そんな方に非常にオススメのできる商品です。是非チェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次