本日のAmazonタイムセール商品はこちら!!→ 詳細

【SE215 SPE vs IE100Pro】比較|最強のモニタリング&ゲーミングイヤホンはどっち?

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
  • URLをコピーしました!

SHURE SE215 Special EditionとSENNHEISER IE100Proはどちらもエントリークラスでありながら、プロのミュージシャンやプロゲーマーの利用者も多い傑作のイヤホンです。

この記事をご覧になられた方の多くが、この2機種で悩んでいるのではないでしょうか。

筆者は両方とも所有しており、どちらも愛用しているため、それぞれの特性を深く把握しているつもりです。

本記事ではこの超定番の傑作2機種を比較していきたいと思います。

目次

両機種の概要

それではまず、両機種についてそれぞれのメーカーが謳っているコメントを確認していきましょう。

SHURE SE215-SPEの概要

SE215の迫力あふれるクリアなサウンドなら、 通勤時間は「コンサート」、エクササイズは「新しい音楽の発見」に早変わり。どこにいても、思う存分音楽を満喫できます。 本格リスニングを楽しむなら、SE215で決まりです。

SHURE公式HP:https://www.shure.com/ja-JP/products/earphones/se215spe

SENNHEISER IE100 Proの概要

大音量のステージでも自信を持ってモニタリングできるダイナミックインイヤーモニター。低音圧から高音圧まで一貫した周波数レスポンス。フラットなデザインにより、長時間でも高い装着感を実現しました。ステージプルーフで堅牢な構造を実現しました。

SENNHEISER公式HP:https://www.sennheiser.com/ja-jp/catalog/products/headphones/ie-100-pro/ie-100-pro-clear-508941

両メーカーのコメントを比較すると、SE215-SPEはリスニング向け、IE100PROはプロ向けのモニターということになります。

でも、SE215ってプロ向けのモニターじゃなかったっけ?

実はSE215はプロ向けのモニターなのですが、SE215 Special EditionはSE215をベースに、低域を若干強調してリスニング向けにチューニングされたイヤモニなのです。

そうなんです。無印版とSPEでチューニングが違うのです。

ですので、結論にはなりますが、動画編集などで音のバランスが云々という使い方を想定していてこの2機種で迷われている方はIE100PROをオススメします。

スペック・仕様の比較

スペック・仕様の比較表を以下に作りました。

SE215 SPEIE100PRO
インピーダンス17Ω20Ω
再生周波数帯域21Hz~17.5kHz20~18kHz
ドライバ構成1DD1DD
最大音圧レベル107 dB115 dB
重量26g19g
保証期間2年2年

性能に大きな差はありません。
ややIE100PROのほうが鳴らすのにパワーが必要で、少しだけ周波数帯域が広いです。

また、筐体重量はSE215のほうが重いですね。というよりもIE100Proがすごく軽いと言ったほうが良いかもしれません。

それぞれの良い点・気になる点

SE215-SPEの良い点・気になる点

SE215-SPEの良い点

圧倒的な遮音性

SHUREのイヤモニはどの製品も遮音性が高いです。もしイヤホンに強い遮音性を求めているなら、SE215を選択したほうが幸せです。

なお、SE215の遮音性が他メーカーの商品と比較して圧倒的に高いだけで、IE100PROの遮音性が低い訳ではありません。

フラットながら心地良いSHUREサウンド

音質はフラットではあるのですが、退屈なフラットさではなく、非常に聴き心地の良いフラットさです。

よく「SHUREサウンド」と揶揄されることがあるのですが、SHURE製品は基本的にプロ用途の製品が多いのですが、それがコンシューマー層にもウケるという特徴があります。

SE215-SPEの気になる点

筐体の強度

筐体の接合部が接着剤なことと、ノズルが細すぎることで、筐体の接着面の剥がれやイヤーピース交換時のノズル折れなどの報告が多く、少し慎重に扱う必要があります。

筐体の造りや強度についてはIE100PROのほうが良いですね。

音のクリアさには欠ける

音のクリアさは若干弱く、人によっては「籠もっている」という印象を持つことも多いようです。

また、音場が狭いため、「音が近すぎる」という印象を持つ人も多いようです。

対するIE100PROは音場が広くかなりクリアな音をしているため、IE100PROの音を好む人のほうが多いような気がします。

IE100Proの良い点・気になる点

IE100Proの良い点

価格からは想像できない超クリアサウンド

IE100PROは音場が広くかなりクリアな音質です。

どこにもクセがなく、殆どの人がプロ用途としても十分に活用できると感じると思います。

筐体の作りの良さと堅牢性

筐体の作りがかなりしっかりしていて、さすがドイツ発祥のブランドと思います。

故障したり、割れたりといった報告を殆ど見たことがありません。

IE100Proの気になる点

コネクタが独自形状

端子はMMCX等の普及している端子ではなく、PENTAX端子と呼ばれる独自端子です。

なので、リケーブルの難易度は少し高めです。

なお、リケーブルについては工夫次第で出来ないこともないので、良ければ以下の記事も見て頂ければ嬉しいです。

遮音性能はSE215に劣る

IE100PROは音抜けを良くするため、筐体背面にベント(空気穴)が設けられています。

よって物理的に外音が遮断されないため、SE215と比較すると遮音性能は劣ります。

遮音性能を優先的に求められている方にはSE215をお勧めします。

保証体制が超微妙

保証体制が超微妙で、電話やメールの受付をしていません。製品が故障したら泣き寝入りする人も多いのではないかと思います。

なお、保証の受け方については以下の記事にまとめていますので是非ご参考になさってください。

まとめ

最後になりますが、両機種とも偽物が非常に多いです。

この偽物が外観からは見分けがつかないほど精巧に造られていて本当にタチが悪いです。

購入される場合は、直販または正規代理店で新品を購入することを強くお勧めします。

Amazonで購入される場合は、販売元と発送元が共にAmazonであることを確認しましょう。

また、もし中古品を購入される場合はフリマ等ではなく、eイヤホンなど専門店で購入するようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ポタオデとコーヒーとちいかわとサウナと大喜利とゲーム実況とAPEXが好き。X(旧Twitter)もやってるので是非遊びにいらして下さい!!


X ID:@nabelog_blog

目次